頬骨削りという手術

頬骨削りのメリット

頬骨削り頬骨の整形・引っ込める・頬骨削り | 美容整形なら、口コミで評判の【共立 ...

頬骨削りのメリットとしては傷跡が少なくて済むということが挙げられます。
以前は目の下を切開していたのですが、現在では傷跡が小さいので気軽に受けられる手術となってきたのです。
頬骨削りのデメリットとしては、3?4日間は包帯を巻いた状態で生活しなくてはいけないということです。
3週間程度腫れが続くこともありますし、その場合はメイクなどで隠す必要があるでしょう。
大きな腫れは3週間程度でかなり落ち着きますが、完全に柔らかくなるまで2ヶ月程度かかるということです。
また、頬骨を削ると頬の肉が弛んでしまうことがあります。
この場合は腫れがしっかり引いてからフェイスリフトなどで改善する必要があります。
頬骨削りの手術は2〜3時間程度かかります。
手術は全身麻酔で行なうため、手術中の痛みについては心配ありません。
術後の入院が必要かどうかはクリニックによって異なります。
その日のうちに帰れるところもありますし、当日は入院になるところもあるのでしっかり準備しておきましょう。
また、術後の痛みについても気になる場合は薬で緩和することができます。
手術を受けたら定期検診を推奨しているクリニックもあります。
定期健診では問題がないかどうかを確認することになるため、忘れずに来院しましょう。
ちなみに、妊娠中の人手術を断られることもあるのでカウンセリングの時にきちんと聞いておくことが大切です。
妊娠中に手術を受けても胎児に影響が出るというわけではありませんが、手術中に体調を崩してしまうことがあるので注意が必要です。
副作用のリスクも高まりますし、落ち着いて体調が良い時期に手術を受けた方が安心です。

小顔整形には、脂肪吸引・バッカルファット・リフトアップの他にもエラ削り・頬骨縮小Vライン形成などの骨切手術があります。


ですが頬骨が張っている方が引き上げると逆に骨が目立ってしまう失敗例があります。
クリニック選びは要注意

専門の医師の紹介は
mail@ba-consulting.org
までクリック👆 pic.twitter.com/0e4n4L475d

— 輪郭整形の名医相談所🏥エラ削り•頬骨削り•顎削り•vライン形成•バッカルファット除去•脂肪吸引 (@kazannel) 2019年4月10日

小顔になりたい人におすすめの施術 : 頬骨削りの難易度は? : 頬骨削りのメリット